転職サイトおすすめは?評判&人気ランキング【口コミどこがいい?】

Uターン転職で後悔・失敗しない!志望動機・理由【タイミングはいつ?】

Uターン転職について

こんにちは。

こちらではUターンやIターンの転職についての情報は少ないようですがもし何か分かる事があれば教えて頂けたらと思います。

いつかは地元に帰りたいという気持ちはあります。Uターン転職するにはどのタイミング・年齢がベストなのでしょうか?

匿名 男性

早ければ早いほどGOOD!

Uターンで転職したい人も増えているのではないでしょうか?

私の周りの大学時代の友人も、地元に戻ったり、旦那さんの転勤と共に、転職を行ったりしている人もいるんです。

そのときの転職活動の様子を伺うと、いくつかポイントがあったので、まとめてお伝えします!もちろん、年齢についてもお伝えしますよ!

Uターン転職を成功させるには?

東京(関東)以外の勤務地の場合は、求人が少なくあまり選べない

そもそも、Uターンの転職の場合、地元が首都圏や関西などの都会ではない場合、企業が少ないために求人数が少ないことが多い状況です。

東京で転職をするように、沢山ある求人から選ぶことはなかなか出来ないようなので、それをしっかりと認識したほうが良いでしょう。

そのため、ハローワークや転職サイトなどを沢山使って求人を探す

求人があまり多くは無いため、自分の希望に近い求人を見つけるために、色々なサイトやハローワークを使う必要があります。

その上で、Uターンのタイミングはいつが良いのでしょうか??

それは、早ければ早いほど良いです!!

理由としては、都市部以外の場所は、若手が少ない状況があるため、40歳以上になって仕事を見つけようと思ったとしても、すでに40歳以上は足りているため、転職先が見つからない、なんて事になりかねません。

20代や30代前半で、”若手である”という認識をしてもらえるタイミングで、Uターンを行うことが、ベストです。

Uターンをいつかはしたいが、いつごろ転職しようかと悩んでいる方は、今からどのような求人があるのか、また自分はその求人に応募して受かるのかどうかをしっかりと見極めてすぐに活動したほうが良いでしょう。

転職サイト・エージェントの活用を

「Uターン転職を今すぐしたいので、退職届けを出してから仕事探しを・・・」

というのはやめて下さい。現在の職を失うとUターン転職がうまくいかない場合に生活に困ってしまうでしょう。特に子供さんや奥様など家族がある方の場合は事情は深刻です。

マイナビエージェントやリクルートエージェントなど全国展開している転職サイトやエージェントもございますので、まずは登録して情報を仕入れることが肝要です。自分の希望するUターン先での企業の情報や求人情報などを調べてみましょう。

Uターン転職とは

地方で生まれ育った人が、都会の学校に進み、学校卒業後もそのまま都会で就職したのち、故郷に帰って転職することを言います。

他にも、生まれ育った学校を卒業した後、就職のために都会に行ったが、その後また故郷にもどって転職することも「Uターン転職」と言います。

Uターン転職のメリット・デメリット


都会を離れて、地方に帰って働くと言うことは、都会にはない、いろいろな魅力もありますが、都会暮らしに慣れていた分、不便に感じることもあります。
ここでは、U-ターン転職のメリット・デメリットを紹介して見ましょう。

Uターン転職のメリットは?

地方に貢献できる機会が増える!

地方の経済活性化のために奮闘している企業や地域に密着した企業などもあるので、そういった会社に就職できたら、地方に貢献できる機会も増えます。

他にも豊かな自然が身近に感じられ、実家の側で暮らすこともできるので、何かあっても安心ですよね。

生活費が安く抑えられる!

都会だと、家賃や駐車場代もバカになりませんが地方だと都会に比べてやすくなります。
一戸建てを考えている人は、都会に立てるのと地方に立てるのだと、かかる費用も違いますし、
Uターン転職をして、親と同居を考えてる人は、さらに生活費を抑えることが出来ます。

通勤ラッシュから開放!

都会だと朝の満員電車が苦痛と言う人も多いですが、地方はその心配はありません。
車通勤が可能な会社も多いですし、道が混むという心配もそれほどありません。
通勤時間が短くなったら、その分時間にもゆとりができますよね。

Uターン転職のデメリットは?

採用職種や業種が少ない!

やっぱり都会に比べて、地方は採用の職種や業種が少なく限られてしまうことです。
今人気の金融系やIT企業などの募集も少なく、前の職の経験がある人でもなかなか難しいようです。

自分の希望している職種が豊富にあるとは限りません。
特に専門的な職種は就職できる機会も少ないようです。

Uターン転職は年収が下がることも…。

やはり都会に比べて大企業が少ないため、今までそれなりの企業で働いていた人は、給料が下がったと言う人も多いです。

その他にも同じような仕事、それ以上の幅広い仕事をこなしていても、都会で就職していたときに比べて、年収が下がることもあるようです。

生活が不便に?

転職のこと以外にも、都会だと、車がなくても不自由なく生活できていたのに、地方は公共の交通機関が少ないために、車を持っていないと、移動が難しいと言うこともあるようです。

Uターン転職の理由は何?


せっかく都会で就職していたのに、わざわざ地方に帰って転職する理由はなんでしょう?

家庭の事情でやむなく地方に帰るという人もいますが、やはり近くに家族や友達がいて安心できるといった人や地方の暮らしのほうが、自分の生活スタイルにあっているという声も多く聞かれます。

中には、勤めていた会社が嫌になり、思い切ってUターン転職したと言う人もいるようです。

Uターン転職をした理由

・自分の趣味のために地方に帰ってきた
・家族や友達が近くにいてくれる
・地方のほうが経済的に楽になるから
・子供を自然環境が豊富な場所で育てたい
・地元に貢献したい

Uターン転職を成功させるためには、都会の生活で疲れたや親の介護のために仕方なくといった後ろ向きの理由を言うのではなく、地元の活性化に貢献したいからとか、自然を生かした生活をしたいなど前向きな理由でアピールしてください。

Uターン転職と年齢【タイミングはいつ頃がいい?】


あまり、若いうちからのUターン転職はおすすめしていません。
20代のうちは、都会で働くことで貴重な経験をつむことも出来ます。

Uターン転職のイメージとして、まだまだ「都落ち」や「キャリアダウン」といった悪いイメージが強いのです。

ですので、若いうちにUターン転職を望んでいても、採用する側もかなり慎重になってしまいなかなか転職先が決まらないといった声も多くあります。

20代で、Uターン転職を考えている人は、強い意思があって、転職する理由がきちんとある人でないと難しいでしょう。

だからと言って30代、40代になればいいのかということでもありません。

年齢が上がればあがるほど転職するのは難しくなります。

一番ベストなタイミングが30代前半と言えるでしょう。

30代後半や40代になると、ある程度の役職が付いていたり、プロジェクトリーダーとしての経験があれば、転職の際にアピールできて有利になります。

そういった経験のない日とは実績を作ってからの方が転職活動が上手くいきます。

しかし、20代でも30代でも40代、50代でもUターン転職で上手くいっている人はたくさんいます。

転職活動を成功させるには、転職したい理由をきちんとアピールできるかどうかです。

そのためには、転職サイトを利用することをおすすめします。

サイト管理人「ゆうか」より

Uターン転職で失敗しないためのまとめ

いかがでしたか?

このページではUターン転職で失敗・後悔しないための情報やベストタイミング、Uターン転職を希望されるかたの志望動機やその理由などについても詳しくみてまいりました。

Uターン転職を成功させるには、情報収集と転職サイトやエージェントの活用がカギとなりそうですね。

現在の職を手放さない状態で転職サイトなどに登録しておいて、情報をあつめながら、良さそうなところがあれば面接を受けてみるなどするとよろしいと思いますよ。

転職女子ゆうかの結論!【イチオシはココです★】

itibanosusume ranku1 photo01rank01 osusume1 taiken_offkoushiki_off shikiri
転職サイトおすすめは?評判&人気ランキング【口コミどこがいい?】 > 転職体験談Q&A【成功する為に】 > Uターン転職で後悔・失敗しない!志望動機・理由【タイミングはいつ?】

関連記事

  1. 転職サイトどこがおすすめ?求人数・女性に有利…【私の評価は?】
  2. 職業訓練や資格学校には行くべき?【転職成功させるために】
  3. 転職面接どんな服装で行く?男女別印象【新卒リクルートスーツはNG?】
  4. 転職サイトによって得意分野ってあるの?【業種・職種専門サイト】
  5. 転職どこで探す?【職安・民間就職支援・ネット求人転職サイト比較】
  6. 経歴書の書き方は?アピールは簡潔に!【転職成功する書き方のコツは?】
  7. 転職で給料アップする人ってどんな人?【同業種・実績・キャリアの要点】
  8. 薬剤師の転職サイトって使える?【転職エージェントと比較してどう?】
  9. 転職サイトのスカウト機能ってどう?【向いている人とは?】
  10. 転職の注意点とは?後悔ない為に!【知っておくべき事・確認すべき事】