転職サイトおすすめは?評判&人気ランキング【私の口コミ体験談】

リクナビネクスト評判は?おすすめ転職サイト!【私の体験談】

ログイン
公式ボタン

転職を行おうと思うなら、まずは登録するのがこの「リクナビNEXT」でしょう。

実際、私も前回の転職では、迷わず「リクナビNEXT」を利用して求人を探しました!

転職サイトの中で最も求人数が多いといわれていますが、実際はどうなんでしょうか。
また、求人の数だけではなく、求人の紹介記事の中身や求人検索以外のコンテンツが充実しているかどうかが、転職支援サイトを使う際の重要なポイントなので、その辺りを明らかにしていきます!

リクナビネクスト登録方法

まずは、リクナビネクストのサイトの登録から行います。登録自体にはそれほど時間はかからず、数分で行えます。とりあえず、会員になるための必要な情報を登録します。ちなみに、登録は無料で行えますので、ご心配なく!

名前とメールアドレス、パスワードなどを入力した後、会員限定の情報配信が欲しい場合は、勤務地と、職種カテゴリと、転職希望時期を入力します。
そして、ログインすると、トップ画面になります。

【ログイン】
ログイン
公式ボタン

それでは、リクナビNEXTには、どんな機能があるのか、見ていきたいと思います。

① 求人情報

転職サイトで最も重要な求人検索ページで、もちろんトップ画面から検索できるようになっています。職種や勤務地、自分の経験やキーワード検索など、色々な検索が出来ます。

② スカウト機能

転職サイトでは、転職希望者が求人を探す以外に、企業の担当者や他の転職エージェントがサイトの登録情報を見て、スカウト(メールでアプローチがくる)を行うことが出来る機能です。

③ 転職成功ノウハウ

実際に転職をするとなると、初めに収集したい情報が、転職成功ノウハウですよね。転職活動の基本情報から、求人の探し方、また、応募・面接準備の方法などの、情報が載っています。

④ 転職仲間機能

“転職仲間機能”って何でしょう。。?説明を読むと、”転職仲間機能”をONにして、自分に似た「気になる転職活動者」を仲間に指定すると、仲間の活動状況や興味を持った求人情報が共有されるようです。

それでは実際に、各コンテンツを詳しく見ていきたいと思います!

リクナビネクストコンテンツを徹底調査!【実際に転職に有利なのか?】

①リクナビネクストの求人情報は?

■ サイトの更新について
リクナビNEXTは、毎週水曜日に更新されるようです。こういった、多くの方が使用しているサイトは、求人がオープンしたら、何百人という人が応募する場合もあるそうなので、新着に上がれば、すぐに応募したほうが良いそうです。

リクナビNEXTを使う場合には、毎週水曜日に、新着求人をチェックしましょう!

■ 応募目安数
トップページには、あなたの応募目安数という項目があり、”あと21応募”と出ています。どうやら、この応募目安は、現在の職種、就業状況、転職希望時期を入力することで変わっていくようです。21社も応募しなきゃ、転職が出来ないんですね。。かなり色んな求人を見て、応募先を選ばないといけないことがわかります。

■転職ゴール設定
こちらは、転職をする時期を設定する機能です。急いで転職して失敗をしたくなかったので、登録時には、「時期は決めていない」としましたが、試しに、半年後に設定をしました。

時期を決めて活動したい方には、ゴール設定をすることで、活動のモチベーションになりますね!設定したほうが良いかもっ。

■ 検索ページ
転職サイトの最も重要な求人検索のページです。早速、会員登録した条件から探してみました!

すでにトップページの右側にマッチする求人件数が出ていました。”268件”となっています。ちなみに、登録している情報は、職種と希望勤務地です。

【検索】
検索
公式ボタン

ちなみに、現在募集中の求人が、”3423件”で、掲載再開時にメールがもらえる求人の総件数が”13026件”ありました。掲載再開時にメールがもらえる求人とは、すでに求人の掲載が終了しているという事です。

もし、この中で、気になる求人があれば、チェックしておき、再開したときにメールが来るように出来るんですね!これは便利です!

ということは、リクナビNEXTでは、”3423件”の求人が公開されてるって事ですね!さすが業界最大手です!

検索結果に戻ってみましょう。ヒットした求人の、 “268件”は、量が多くて全部は見れないので、もう少し条件を絞ってみました。

雇用形態と、年収を入力します。後は、新着・更新があった、新しい求人と、未経験者歓迎求人の項目をチェックして検索してみました!

【更に詳しく絞って検索】
絞り込み検索
公式ボタン

すると、”12件”の求人が表示されました。一度、この結果で求人を見てみます。求人一覧には、会社の名前と、求人ポジションが記載されています。あとは、仕事の概要や応募対象者と勤務地、年収例ですね。

これをざっと見ていき、気になる求人を詳しく見てみます。

【気になる求人を見る】
求人をみてみる
公式ボタン

求人詳細ページは、2部構成となっていました。1部が、求人のメッセージです。ソーシャルゲームのディレクションの求人を見てみたところ、

入社したプランナーの方が、なぜこの会社に入社したのか、この会社の特徴などを語ってくれています!

仕事の内容も、実際に働いている方目線で書かれているのが良いですね。結構読み応えもあるので、転職後のイメージがしやすいように思います!これは、とても重要な情報ですね!

2部の、求人概要では、会社のHPを見れば載っているような会社の概要と、仕事の内容、応募対象者、勤務地や勤務時間、それに給与や福利厚生が記載されていますが、仕事の内容以外は、どのサイトでも掲載されているような内容ですよね。

ちなみに、別の求人詳細には、求人のメッセージページは無く、求人概要ページのみとなっていました。

つまり、、求人概要ページのみの求人もあるんですね!(それだったら、あまり知りたい情報が載っていない気がしますが。。)実際に、検索で表示された12件を見てみましたが、
なんと、求人のメッセージが載っていた求人は1件のみ(一番上に出ていた求人)でした!ほとんどの求人は、求人メッセージが無いのですね。。残念です。

求人の掲載ページについてまとめると、

・ 掲載されている求人数はやはり業界最大手!
・ 求人の中には、求人のメッセージページがあって、働いている方の生の声が聞ける
・ けれど、ほとんどの求人は、一般的な求人情報のみ

ということがわかりました。

知名度の高い会社や、自分が知っている会社の求人を探すなら良いかもしれませんが、知らない会社の求人の場合は、あまり詳しい情報は得られないかもしれません。

ちなみに、求人は、検討中リストに入れることが出来るので、少しでも応募したい求人があれば、リストに入れておくと良いでしょう!

②リクナビネクストスカウト機能とは?

次はスカウト機能です!これも、転職サイトの重要な機能の一つですね。ちなみに、スカウト機能とは、

自分の転職経歴や希望条件を匿名で登録すると、企業の方や、他の転職エージェントから、オファー(メールが届く)が届く機能です。

これに登録すると、他のエージェントの方からも連絡が来るって事ですね!リクナビNEXTの口コミなんかでも、「リクナビNEXTに登録すると、他の転職エージェントから連絡が来たけれど、情報が共有されているのか?」という質問も見られましたが、このスカウト機能に登録されたんですね。

もし、自分の情報を匿名でも、共有したくない!という方は、こちらは登録されない方が良いかと思います。沢山メールが来るので、「情報が多くて、全部確認できない!」「大切なメールが埋まってしまう!」などの口コミも多く見られました。実際、営業やエンジニアなど、求人数が多い職種の経歴を持たれている方は、一月に300通ほどのメールが来るといっていましたよ。そんなに来ると、邪魔ですよね。。。

ちなみに、登録情報は、サイトの会員登録と異なり、かなり項目が多くなります。

【スカウトに登録してみます】
スカウト1
公式ボタン

必須の登録事項は下記でした。

・ 住所
・ 電話番号
・ 学歴
・ 卒業年月
・ 就業状況(在籍中、離職中)
・ 在籍期間
・ 社名
・ 業種
・ 職種
・ 従業員数
・ 雇用形態(正社員・契約社員・派遣・アルバイトなど)
・ 年収
・ 職務内容
・ 希望職種、勤務地

つまり、これだけの情報を企業側や他の転職エージェントが見て、企業の応募条件にマッチすれば、連絡が来るって事ですね。

結構シビアです。。

ここで、レジュメを公開したくない企業や転職エージェントを登録することが出来ます。現在の勤務先は必ず設定してください。

スカウトは、匿名の情報にはなりますが、職務内容や、住所・電話番号を登録するため、個人が特定できる可能性が高いです。

今の会社に、転職していることがバレてしまうと、笑い事では済まされないですからね。。そう思うと、スカウト登録を気軽にすることも躊躇します。。
今回は、スカウト登録をしてみますが、自分が応募した会社以外には情報を出したくないという方は、スカウト登録はしないほうが良いですね。

ちなみに、ここで、転職支援サービスを行っている、グループ会社の”リクルートエージェント“にも登録することが出来るようです。もちろん、登録しないという選択も出来ますよ!ここでは、一旦登録はしないでおきます。

【登録しません】
エージェントには登録しない
公式ボタン

スカウトが沢山来るようにするために、こちらが出来ることは、職務内容の欄を詳細に記載することです!職務内容の充実度によって、スカウトの量も変わってくる可能性があります。

下記の要素が注意として記載されていました。

・ あなたがどのような仕事に取り組んできたか」をわかりやすく入力
・ あなたのキャリアが伝わるように300文字以上を目安に入力

つまり、どんな仕事を、どんな風に取り組んできたか  を記載することが重要なんですね!

ちなみに、テンプレートの内容はこのような感じです。
これを元に、職務内容を記載すると良いでしょう!

【テンプレ】

==
20××年××月~20××年××月
【所属】××部××課
[メンバー数] ××名
[役職] ××
【担当業務(業務範囲、領域、ミッション)】
・××
・××
・××
【ポイント(成果や実績、工夫)】
・××
・××
==

こちらの情報の入力が完了すると、スカウトの登録は完了です!更に、スカウトを届くようにするためには、ステップ2として追加で情報を登録します。

【スカウト届くための追加登録】
追加登録
公式ボタン

追加する項目は下記です。

・ 最終学歴の学校名(コードで入力)
・ 資格
・ 経験職務チェック

ちなみに、スカウト登録をして、企業側から来るスカウトには3種類あります。

1つ目が、プライベートオファーで、登録情報を見て、会ってみたいと思われた場合に、個別に面接や面談の案内が来るものです。

2つ目が、興味通知オファーというもので、企業側から転職希望者に、興味があることが告げられ、転職希望者が、その企業の求人に興味があるのかを質問されるものです。

3つ目が、オープンオファーと呼ばれるもので、求人の案内や説明会の情報が来るものです。

1つ目が最も企業側が自分に興味を持ってくれていて、3つ目はいろんな方に送られているオファーになりますね。

1つ目のプライベートオファーは、内定が出る可能性が高いかもしれません!

それ以外のオファーは、あまり気にしなくても良いかも知れませんね。興味があれば、返信してみると良いと思いますが。応募したけど、書類選考で落ちてしまった、、というケースも多く見られるそうです。

オファーはメールで来るので、受信ボックスは随時チェックしてくださいね!

③リクナビネクスト転職成功のノウハウは?

私が注目しているのは、この転職成功ノウハウにどれだけ使える情報があるかどうかです!

なぜかって?やっぱり、転職を行うときは誰でも不安になるものだと思うんです。前回の転職ではあまり、ノウハウなんかも調べずに、勢いと相性だけで転職したために、後になって、もっと、調べておけばよかった。。。と後悔したもんです。

だから、自分が希望する仕事に出会い、内定が出るように、有利になる情報は集めたいと思っているんです。

リクナビNEXTの転職ノウハウには、転職活動の基本や求人の探し方から、応募・面接準備まで載っていました。

【転職ノウハウ】
転職ノウハウ
公式ボタン

それ以外にも、転職Q&Aとして、「応募書類の郵送字に、封筒に書く宛名の書き方は?」「私服で面接に来てくださいと記載されていたが本当に私服で行っていいの?」というような、実際に転職活動をしているときに直面する質問の回答が載っていました!

これは、同じような状況になったときに、とても頼りになるノウハウなので、とても良い情報が載っているといえます!

面白かったコンテンツとしては、「10年後に生きる為、今すべき事」というテーマで、経済評論家と、代表取締役の方の対談が掲載されていました。

こういった、会社のトップレベルの方の考えや意見も、転職活動の準備段階で、頭に入れておくことが重要だと思います。面接では、役員の方に合うことも多いので、

「役員や会社のトップレベルの方が何を考えているか。」
「転職希望者に何を求めているか。」

についても知っておかなくてはなりません。そのためにも、こういった対談や特集から学ぶと良いと思います!

④ リクナビネクスト転職仲間機能とは?

転職仲間機能は、リクナビNEXTを使用している転職活動者が見ている求人や応募している求人を共有できる機能です!

100人まで登録できるため、自分の経験や希望と似ているユーザーを登録すると、自分では検索から漏れていた求人にも出会うことが出来ます。

前回の転職では見なかった機能なので、早速登録してみましょう♪
転職仲間に加えませんか?という案内が出たので、一人登録してみました。

【転職仲間を登録】
転職仲間
公式ボタン

登録すると、転職仲間が閲覧した求人などがアップされるので、また違った角度から興味を持って求人を見れて良いかもしれません!

ただ、同じ希望や経歴を持っていないと、全く異なる求人がアップされますし、似たような経歴を持った仲間だとしても、参考程度にしかならない可能性もあるので、あまり期待はせずに見てみるのが良いと思います。

会社名しか出てこないので、知名度のある会社しか目に留まらないですしね。。

リクナビネクストの総合評価発表!【転職サイトとして登録する価値ある?】

それでは、最後にリクナビNEXTサイトのまとめに行きたいと思います。
点数としては、10点満点の8点です!

減点のポイントは、求人の質と、同じ求人を見ているライバルが多い、という2点です!

求人の質に関しては、求人のメッセージがあったページは良かったのですが、多くは、求人概要のみのページでした。求人概要の情報は、その会社のホームページに行けば掲載されているような情報や、他の転職サイトでも載っているような情報だったので、あえて、リクナビNEXTを使いたい!と思えるような中身ではありませんでした。

もう一つ、同じ求人を見ているライバルが多いということですが、業界最大手だからこそ、登録している転職希望者の方も多いはずです。また、転職仲間機能もあるので、自分が応募した求人を見て、応募する転職希望者の方も大勢居ます。

そうなると、自分が応募している求人の倍率が高くなり、通過する可能性も低くなると考えられます。

せっかく応募したのに、1社も通過しない、、なんてことも考えられますよね。。ちなみに、平均の応募数は18社と記載がありました。まぁ、応募する会社によるんでしょうけどね。18社応募するって、結構量多いですよね。それだけ倍率が高いということなんでしょう。

それ以外の機能やサービスについては、やはり満足がいくものでした。求人数も多いですし、転職のノウハウもしっかりと提供されています。スカウト機能も必要な人は使用することが出来ます。会社や求人の詳細情報まではわからないですが、

どの会社がどの仕事を募集しているという基本的な求人情報と、求人の多さから、転職のノウハウまでは全て揃っているといってよいと思います!

リクナビNEXTト口コミは?

転職するならリクナビNEXTより転職エージェント

リクナビNEXTよりも、転職エージェントを利用したほうがいいと思います。
リクナビNEXTは自ら探して応募しなければならない為、大手企業に偏りがちでした。
エージェントよりも求人数も少ないと思います。
特に大手企業は掲載しないと思います。
(1、2名の募集にも関わらず、応募が殺到してさばききれないと聞いたことがあります。)
その点エージェントは大手企業に限らず、中小だけれど優良企業を紹介してくれたり、自分で探していたら巡り会えなかったような業種や企業を紹介してくれて、幅広く探すことができました。
結果私はエージェントで転職をし働いています。
もちろん自分で探していたら、受けていなかったかもしれない企業です。

20代 女性 事務系、秘書

働きながら仕事を探せるのはうれしい

私がリクナビNEXTを利用してみようと思った理由は、正社員として働きながらハローワークで仕事を探すことが時間的に難しく、リクナビNEXTのサービスを利用すれば時間的な労力を省くことが出来ると感じたからです。
私のコンサルタントを担当したエージェントの方は、現在の私の働き方や今度の働き方などに関して様々なアドバイスをしてくれた上で、今後はどのような職に就いたら良いかを一緒に考えてくれて頼りになりました。
また、私の今までの経験を活かせる会社として紹介してくれた企業の数も10社と多く、就職活動以来となる面接に関しても適切なアドバイスをしてもらえたので、第1希望と考えていた企業へと無事に転職することが出来ました。

30代 男性 店舗での販売・営業

自分の希望した職種がなかなか紹介されない

リクナビNEXTは知名度があって安心感があったので使用しました。
ですが、実際に使ってみたら希望職種以外の断っている同じ会社ばかりスカウトメールが届きます。
希望の職種を見つけるには自分で検索して見つけるしか無いため、使用しなくなりました。
自分でさがすのであれば、初期の面倒な登録の時間が無駄になります。
コンサルタントの方からも希望と違う職種を紹介されるので使えません。
自分で検索して応募しても採用レベルが高いので、それなりの経験や資格がないと雇ってくれないため、それなりの仕事をしてきた人は登録しても確率は低いです。
職種を選ばない人にとっては色々なスカウトが来ますので確率は高くなるサイトだと思います。
でも、他県からも来ますので、引っ越しも覚悟する必要があります。

30代 女性 サービス販売

公式ボタン

知名度抜群の安心感

私がなぜリクナビNEXTを通じて転職をしようと思ったのかというと、それは数ある転職サイトでこのリクナビNEXTが一番有名だと思ったからでした。
そして私が重視したのは自分が希望する職種や勤務地があったらすぐにメールで紹介してくれるという点でした。
実際、ここに登録して私自信が想定していた以上に頻繁に転職先の紹介を受ける事ができたと思います。
なのでリクナビNEXTのフォローの体制はかなり良いという印象を受けました。
故にリクナビNEXTは他の転職サイトと比べると紹介先がかなり豊富にあるように思えます。
ただ、私が希望していた勤務地が田舎だった事もあってピンポイントでの紹介先は少なかったように感じます。
なので希望していた勤務地よりも離れた場所での仕事を紹介される事が多かったです。

30代 男性 営業職

リクナビNEXTは求人が探しやすい。

新卒で出版社に就職したのち、2年で退職して転職活動を始めました。
地域の情報誌から探したり、他にも転職サイトはいくつか登録しましたが、リクルート社が経営している大きなサイトだったので安心感と登録しておけば幅広い求人情報が得られると思い使用しました。
まず、良いと思った点がサイトの情報がスッキリしていて見やすい点です。
職種から探すのか、地域から探すのか、給与面から探すのかなど個人個人の要求に応えやすいようになっています。
メールでも自分が登録した条件に合うような求人情報を写真つきで送ってきてくれ、探しやすかったです。実際2社ほど、リクナビNEXTを利用して面接に行きました。
結局違う形で就業したのですが、エントリーシートなどの応募画面もわかりやすく、使い勝手がよかった印象です。”

30代 男性 広告代理店営業、人材コンサルティング、リクルート社のコピーライターなど

内容量が豊富でチョットわかりずらいかな!

リクルートという名前を学生時代から聞くことが多く仕事関係ときたら『リクルート』という名前が自分の中ですぐに浮かんだので。
特に重視した点は、今まで事務職をしてきたので事務職で探すということです。
実際に利用してみて、内容が豊富にあるなとは思ったのですが、豊富にあるのは有り難いなとは思うのですが、正直、豊富すぎて逆にHPが見にくくなっているような気がしました。
転職ガイドなどがあって今までしてきた仕事に関して書かれてることがあったので共感出来るなと思った部分があったり、違う職種のことに関して書かれてる内容をみて勉強になって良かったと思います。
ノウハウも書いて下さっていたのでそれを読んで転職活動、頑張りたいと思います。

30代 女性 事務

公式ボタン

求人数がとにかく多い!

前に勤めていた会社は給料は安いのはもちろん、休みがなさすぎて転職を考えていました。
その時にリクナビNEXTを使ったのですが、ここを選んだ理由は知名度があるので、情報がたくさんあるのではないかと思ったからです。
他にもサイトはいくつもありましたが、求人件数が多いサイトであることを重視しました。
実際に利用するようになって、やっぱり件数が多かったので、自分の考えは間違えではないと実感しました。
仕事が忙しい中での転職活動だったので、見やすいスマートフォンサイトが用意されていたのが助かりました。
自分の場合、掲載されていた求人ではなく、オファーの求人から転職することができました。
オファーの制度があるので、転職活動がしやすかったです。

20代 女性 事務職

転職には役に立ったけど、メールが多いのがチョット…。

新卒採用の時にリクナビを利用していたから転職でも浸かってみようと思いました。
紹介先はリクナビNEXTだけで困らなかったです。
スカウトもとても多く、プライベートオファーも来ていました。
細かい情報を面接といった直接介入無しで発信できるので、手早く転職先を見つけることが出来ました。
ただ、それだけ安心できる情報を記入しなければならないので、やはり打ちこむ為の時間はかかってしまいました。
職歴だけではなく、レジュメ記入をしなければいけません。
私がやっていた時は、「転職仲間」みたいな機能があったのですが、正直要らないと思います。
メールも大量に来るので、何が自分に必要なメールなのか見わけていく能力が必要です。
悪い点差し置いても普通に転職するよりは効率的で近道だと思います。

20代 女性 IT企業、アプリケーション開発

リクナビNEXTはとても使い勝手のいいサイト

リクナビNEXTを選んだきっかけは、新卒のときにリクナビを使っていたからです。
自分で個々に探すより効率的にたくさんの会社を探せるので、とても重宝しました。
リクナビは、説明会などの情報もまとめて見られたので、忙しい就活生活の中でもかなり必須アイテムだと思いました。
リクナビNEXTに登録してみると、リクナビと同じようにとても使い勝手のいいサイトだと感じました。
転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。
それに、ここにしか登録されていない企業もあるので、転職活動にも必要なサイトだと思いました。
コンサルタントにお世話になったことはないのですが、サービスにはとても魅力を感じました。またお世話になると思います。

30代 女性 事務

情報量が豊富だから選択肢が増える!

高校を卒業して何の経歴も無い状態から、とりあえず勤め始めた飲食業が今年ではや15年。
30代になって改めて、安定と成長を実感しています。
業種全体の中でサービス業の賃金の低さ、福利厚生の薄さなど、この頃特に将来に対して不安を感じるようになってきました。
これまで転職は何度か行ってきましたが、狭い範囲の少ない情報量の中で選定してきたこともあり、また自分自身将来に対して真剣に考える事もあまり無かった為、目先の利益だけで行動した感が強かったです。
今回リクナビNEXTを利用して感じた事は、とにかく情報量が多い事があります。
それは選択肢が増えるということであり、求職者がより有利になるということだと思います。
さらに、考えもしなかった求人を発見することもあります。
単なる正規雇用の飲食業を探してた所、店長やエリアマネジャー候補を募集している求人を見つけ、これまでの経歴を活かせる可能性を感じたりしたこともあります。
転職活動は情報量が大事です。
リクナビNEXTは転職サイトの中でもトップクラスの情報量がありました。
その中から自分に合う職を探すため、これからさらに活用していきたいと思います。

30代 男性 外食産業、飲食業

公式ボタン
◆◇リクナビネクストのまとめ◇◆
リクナビネクスト公式画像
  • 求人数が多い!
  • 求人ページにメッセージがあるものは少なく、多くは概要のみ、その点は少し残念。
  • 転職のノウハウやスカウト機能などサービス面も満足できた!
  • 登録者数が多い=ライバルも多い…『転職仲間機能』で更にその傾向が強くなるような…
【10点満点中8点】
★★★★★★★★☆☆
公式ボタン

転職女子ゆうかの結論!【イチオシはココです★】

itibanosusume ranku1 photo01rank01 osusume1 taiken_offkoushiki_off shikiri
転職サイトおすすめは?評判&人気ランキング【私の口コミ体験談】 > リクナビネクスト【私の体験談】 > リクナビネクスト評判は?おすすめ転職サイト!【私の体験談】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)